▲ ページトップ

日蓮宗妙銀山蓮昌寺

永代供養個人墓 妙縁之塔

近年、核家族化、少子化が進み、「家の墓」を維持することが難しくなってきました。また、価値観の多様化する現代社会おいては単身、独身者も増え、「家の墓」への依存度もますます減ってきています。社会状況の変化に対応しつつ、ほとけさまを弔い、供養しつづけることがお寺の責務の一つであると、当山は考えています。このたび、日蓮上聖人立教開宗七百五十年を記念し、血縁を超え永代に供養する、新しい考え方の墓地、永代供養個人墓「妙縁之塔」を建立しました。当山の理念にご賛同いただき、入会を希望される方を募ります。入会条件は、生前入会を原則として、過去の宗教、宗旨、年令、性別、国籍は問いませんが、当山による法号授与以降は日蓮宗にに帰依していただきます。第三十三回忌まで遺骨を安置した後、地下唐櫃(カロウト)に合葬され、当山が続くかぎり永代に供養させていただきます。

■ 妙縁之塔概要

「妙縁之塔」は、血縁を超え、永大に供養する、新しい考え方の個人合葬墓です。この会は永代供養個人墓「妙縁之塔」を希望された方々によって、新たな縁を創りあげていく会です。
        1、会の名称  「妙縁之会」
        2、所在地   宗教法人妙銀山蓮昌寺境内
        3、管理運営  宗教法人妙銀山蓮昌寺

■ 入会条件と管理の概略

・当会の理念にご賛同いただいた方の生前入会を原則とします。
・過去の宗教、宗旨、年齢、性別、国籍は問いません。
・入会なされた方々は「妙縁之塔」の庭内に会員(俗名)を刻した名札を掲示します。
・当山の主催する催しに参加することができます。
・当山による法号授与以降は日蓮宗に帰依していただきます。
・祭祀は日蓮宗の儀式と供養に則ります。
・死亡後は「妙縁之塔」の地下で個人瓶として納骨法要、祭壇に法号を記した所定の
 位牌を安置し、供養してまいります。
・第三十三回忌まで遺骨を安置した後、地下唐櫃(カロウト)に合葬され、当山が続く
 かぎり永代に供養されます。
・ご入会を希望される方は所定の申込書を提出していただきます。
・手続き後、所定の書類と永代供養料を添えてお申し込みいただき、会員証を交付させて
 いただきます。

■ 年会費

事務通信費として年会費2,000円を納めて頂きます。

■ 「妙縁之会」の活動予定

当山の年中行事(彼岸会、大施餓鬼会、お盆法要、御会式、除夜の鐘、団体参拝旅行等)などへ参加することができます。

■ 妙縁之塔の様子